江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科|東陽町 西大島 南砂町 江東区 女性医師 小児皮膚科

砂町あんず皮フ科|皮膚科 小児皮膚科 北砂 南砂町 西大島 東陽町 江東区 女医

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科の診療時間は(火・水・木・金・土)9:30~12:30 14:00~18:00 土曜午後は14:00~16:30 休診日:月曜・日曜・祝日

江東区北砂の砂町あんず皮フ科は砂町銀座商店街内にあります

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科の電話番号03-6666-7122

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科はネットからの時間予約が可能です

初診の方もネット予約可能

砂町あんず皮フ科は砂町銀座商店街内にあります

お知らせ

休診・診療時間変更のご案内
  • 6/7(金)・6/8(土)休診
ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。
4月から9月末までピコスポットの施術を休止します
ピコスポット後のかさぶたが剥がれた肌は紫外線の影響を受けやすく、紫外線対策が不十分だと元のシミよりも濃くなることがあります。
そのため当院では紫外線の少ない時期にうけていただくことをおすすめしており、4月~9月はピコスポットの施術を一時休止いたします。
再開は10月頃を予定しております。
ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

(ピコトーニングやピコフラクショナルは通年で行っております。)
帯状疱疹ワクチンのご案内
帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、水ぼうそうと同じウイルス「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因の病気です。
60歳以上の方に多く、治った後に神経痛を起こすこともあります。
江東区では区民の皆さんに帯状疱疹ワクチンの助成を行っています。(江東区HP:帯状疱疹予防接種)

ワクチンには発症率を下げ、重症化を予防する効果があります。
接種希望の方はお電話にてお問合せ下さい。(03-6666-7122)
風疹抗体検査と予防接種を実施しております
妊娠中に風疹にかかると胎盤を介してお腹の赤ちゃんにもうつる可能性があります。
当院では、風疹抗体検査・予防接種を行っております。

  • 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(要クーポン)
  • 江東区にお住いの妊娠希望の女性とその家族(要住所確認できるもの)
上記の方は公費で受けることができます。
ご希望の方は直接ご来院ください。
(予防接種希望の方はお電話(03-6666-7122)いただくようお願いします。)
マイナンバーカードを保険証として使用することができます
当クリニックでは、マイナンバーカードによる保険資格確認ができます。
マイナンバーカードを保険証として使用することにより、期限切れの心配が不要となり、また過去に受けた特定健康診断の結果や処方内容などが医療機関に分かるようになります。
また受付がスピーディーになり、待ち時間の短縮にもつながります。
インターネットからの時間予約が可能です
砂町あんず皮フ科では、インターネットから診察の時間予約をしていただけます。
専用の予約システムがございますので、そちらからご予約ください。予約システムのご案内はこちら
※時間予約をされました患者様は、必ずお時間に間に合うようにご来院ください。ご協力の程よろしくお願いいたします。
自費診療のご案内
砂町あんず皮フ科では、点滴療法、サリチル酸マクロゴールピーリング、
ZO skinやセルニューなどのクリニック専用化粧品のご案内、AGAのお薬の処方も行っております。
ご希望の方は受付にてお声がけください。
一部の自費診療につきましては初診料・再診料がかかる場合がございます。予めご了承ください。
詳しくはこちらをご覧ください
砂町あんず皮フ科 院長 福井 眺万(ふくい のぞみ)

丁寧な説明と温もりのある診療を

はじめまして。この度、砂町銀座商店街に「砂町あんず皮フ科」を開院させていただきました。

これまで皮膚科専門医として、大学病院や総合病院で様々な病気の診断、治療に携わってまいりました。

この経験を活かし、当院では、お肌に関する気軽な相談から総合病院への紹介が必要な病気の診断まで、地域の皆さまのお役に立てればと考えております。

ご家族で安心して通っていただけるよう、また、私自身が2人の幼児の母親ということもあり、お子さんの肌トラブルに悩んでいるお母さんお父さんの良き相談相手になれるよう、 丁寧な説明と温もりのある診療を心がけ、砂町の皆さまと一緒に年を重ねていけるようなクリニックでありたいと願っています。

スタッフ一同、努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

理念

大学病院に勤務していた頃、「こんなことを聞いていいのかなと思って・・・」、「見せるのが恥ずかしくて受診するのが遅くなってしまいました」、そんな声をよくお聞きしました。

病気の早期発見という意味で、患者さんの「ちょっとしたこと」はとても大切な意味を持ちます。

当院は、かかりつけ皮膚科として温かみのある診療を心がけ、「先生になら気軽に何でも聞ける」、「ちょっと見せにくい場所だけど、見てもらおうかな」、そう思っていただけるような身近な存在でありたいと願っています。

皮膚のことでお困りの際は、どうぞお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ戻る