江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科|西大島 南砂町 江東区 女性医師

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科の診療時間は(火・水・木・金・土)9:30~12:30 14:00~18:00 土曜午後は14:00~16:30 休診日:月曜・日曜・祝日

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科は11/1(月)に新規開院いたします

砂町あんず皮フ科は砂町銀座商店街内にあります

しもやけ/凍瘡

どんな病気?

冷たい外気にさらされた後、指先や耳たぶ、頬、鼻などの血行の悪くなりやすい部位に、赤身や腫れ、かゆみといった症状が出ます。

ひどい時には水ぶくれや潰瘍ができることもあります。

他の病気が隠れている場合も

お子さんや、水仕事の多い方を中心として一般的な病気ですが、全身性エリテマトーデスなどの膠原病による皮膚症状が隠れていることもあり、症状が強い場合、冬以外の時期にも繰り返す場合などは、早めの皮膚科受診をおすすめします。

原因

平均気温が4~5度で、1日の気温差が10度前後という環境で発症しやすくなると言われています。

皮膚の血管は外気温が高い時には拡張し、低い時には収縮して、体温調整の役割を果たしています。

指や耳など体の末端部分では血管が細く収縮、うっ血しやすいのですが、この血管の働きがうまくいかず、末端に血行障害が起こった結果しもやけを発症します。

治療

クリームを使ったマッサージと内服薬

ビタミンE、ヘパリン製剤などの血行を良くするクリームを塗って、マッサージすることで治療します。

毎年繰り返している方には、冬の早い時期から飲み薬を飲んでもらうこともあります。

日常生活での予防も大切です

同時に、防寒具で冷気をしっかり避けること、血行を悪くするようなきつい靴を避けること、手洗い後に手指を濡れたままにせずしっかり拭いて皮膚温の低下を防ぐこと等、日常生活上の予防策も大切になります。

事前にこちらから問診票ダウンロードが可能です。院内での待ち時間痰主になりますのでご利用ください。

コラム
ニキビ/尋常性ざ瘡
しもやけ/凍瘡
乾燥肌
いぼ/尋常性疣贅
水虫/白癬
円形脱毛症
原発性局所多汗症
水ぼうそう/水痘
手足口病
頭じらみ
りんご病/伝染性紅斑
水いぼ/伝染性軟属腫
とびひ/伝染性膿痂疹
巻き爪
おむつかぶれ

このページの先頭へ戻る