江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科|東陽町 西大島 南砂町 江東区 女性医師 小児皮膚科

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科の診療時間は(火・水・木・金・土)9:30~12:30 14:00~18:00 土曜午後は14:00~16:30 休診日:月曜・日曜・祝日

砂町あんず皮フ科は砂町銀座商店街内にあります

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科の電話番号03-6666-7122

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科はネットからの時間予約が可能です

初診の方もネット予約可能

お顔のしみ

しみについて

しみはメラニンという色素が過剰に生成され、肌に現れることでできます。

しみになってしまう原因は紫外線が主ですが、そのほかにも以下のような様々なことが原因となる場合があります。

  • 老化
  • ストレス
  • 炎症
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 肌への摩擦などの刺激 など

しみの種類

しみといってもいくつか種類があります。

色味や大きさ、また治療法も異なりますので、自分で判断せずに医師の診察を受けるようにしましょう。

老人性色素斑

しみの中で最も代表的なもので、紫外線が大きな原因となります。

大きさは米粒大のものから数cmのものまでさまざまで、境界がはっきりしていて、色は褐色です。

老人性と名前にはありますが、40歳前後から増えてくるしみで、早ければ20代でも発生します。

紫外線が原因ということで、日の当たりやすい頬骨などに現れやすいです。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは、頬から鼻にかけて茶色の小さな斑点がいくつも散らばるものです。

これは遺伝的な要素が強いもので、いわゆるしみである老人性色斑と違って、子どものころから現れることが多いです。

しかし、強い紫外線の影響で悪化することもありますので、注意が必要です。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、頬骨や鼻の下、額などに左右対称のしみが発生するものです。

30~40代の女性に多く、女性ホルモンの乱れや、紫外線が原因であると考えられています。

妊娠中やピルを服用されている際にも発症しやすいものです。

後天性真皮メラノサイトーシス

頬骨を中心に現れるしみです。褐色もしくは青味がかった色をしていて、通常のしみにくらべると、より深い真皮に発生しているものです。

肝斑に似ているのですが、しみよりもあざに近いものであるため、多くはレーザー治療の適応となります。

事前にこちらから問診票ダウンロードが可能です。院内での待ち時間痰主になりますのでご利用ください。

江東区北砂の砂町あんず皮フ科では各種院内販売品も取りそろえております。お気軽にお声がけください。

コラム
あせも(汗疹)
ニキビ/尋常性ざ瘡
しもやけ/凍瘡
乾燥肌
いぼ/尋常性疣贅
水虫/白癬
円形脱毛症
原発性局所多汗症
水ぼうそう/水痘
手足口病
頭じらみ
りんご病/伝染性紅斑
水いぼ/伝染性軟属腫
とびひ/伝染性膿痂疹
巻き爪
おむつかぶれ
接触皮膚炎
じんましん
虫刺され

このページの先頭へ戻る