江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科|西大島 南砂町 江東区 女性医師

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科の診療時間は(火・水・木・金・土)9:30~12:30 14:00~18:00 土曜午後は14:00~16:30 休診日:月曜・日曜・祝日

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科は11/1(月)に新規開院いたします

砂町あんず皮フ科は砂町銀座商店街内にあります

おむつかぶれ

原因

乳児のおしりが、汗や尿、便などで濡れてしまった状態で、長い時間おむつによりおおわれて放置されることが最大の原因です。

特に夏場はむれやすいため、悪化します。

治療

症状が軽ければ、ワセリンや非ステロイド系の外用薬を使用します。

赤みが強く出ていたり、びらん(ただれている)になってしまっている場合には、ステロイド軟こうを使用したり、亜鉛華軟こうを使用します。

日常生活での注意点

おしりへの刺激をなるべく避けるため、こまめなオムツ交換に気をつけ、可能であればシャワーでの洗浄が望ましいです。

また、シャワーの際には尿や便が残ると良くないと思い、ついおしりふきでゴシゴシと吹きたくなりますが、刺激がかえって逆効果になってしまいます。

おしりを洗った後は、擦らずに押すようにして水分をふき取って、乾燥させてからおむつを履かせます。

洗った後には処方された軟こうをぬり、皮膚をベールで包むように保護してあげましょう。

合併症

おむつかぶれと間違われたり、合併する症状にカンジタがあります。

カンジタは腸の常在菌といますが、それがオムツの中の高温多湿の環境で増殖してしまった結果の皮膚炎です。

おむつかぶれがなかなか治らない時には、カンジタを疑ってみましょう。

おむつかぶれでお困りの際には皮膚科を受診するようにしましょう。

事前にこちらから問診票ダウンロードが可能です。院内での待ち時間痰主になりますのでご利用ください。

コラム
ニキビ/尋常性ざ瘡
しもやけ/凍瘡
乾燥肌
いぼ/尋常性疣贅
水虫/白癬
円形脱毛症
原発性局所多汗症
水ぼうそう/水痘
手足口病
頭じらみ
りんご病/伝染性紅斑
水いぼ/伝染性軟属腫
とびひ/伝染性膿痂疹
巻き爪
おむつかぶれ

このページの先頭へ戻る