江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科|東陽町 西大島 南砂町 江東区 女性医師 小児皮膚科

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科の診療時間は(火・水・木・金・土)9:30~12:30 14:00~18:00 土曜午後は14:00~16:30 休診日:月曜・日曜・祝日

砂町あんず皮フ科は砂町銀座商店街内にあります

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科の電話番号03-6666-7122

江東区北砂の皮膚科 砂町あんず皮フ科はネットからの時間予約が可能です

初診の方もネット予約可能

あせも(汗疹)

あせもは医療用語では汗疹(かんしん)とも呼ばれる皮膚疾患で、汗をたくさんかいた後、ぷつぷつと細かい湿疹が現れるものです。

背中や首、わきの下など汗をたくさんかく部位に現れやすい疾患です。

原因

あせもの原因は、身体の体温調整を行う汗腺が塞がってしまうことです。

特に乾きにくい体の部位や、汗をかいてそのままにしてしまうと、汗の出口である汗腺がふさがりやすくなってしまいます。

あせもの分類

あせもと一口に言っても、実は3つのタイプに分かれています。

紅色汗疹

紅色汗疹は、その名前の通り、赤いぷつぷつが現れるタイプのあせもです。

あせもの中ではこのタイプが最も多いとされています。

こちらはチクチクする痛みやかゆみを伴います。

しかしかゆいからといってかきすぎてしまうと、とびひになってしまうということもありますので注意が必要です。

紅色汗疹の治療は、患部にステロイド薬を塗布することになります。

水晶様汗疹

水晶様汗疹では、皮膚に直径1~3mmほどの透明または白っぽい水ぶくれがたくさん現れます。

こちらの場合は、痛みやかゆみはありません。

治療は自然治癒となり、患部の汗をシャワーで洗い流す、汗をかいたらすぐにふき取るなど、肌を清潔に保つことが大切です。

深在性汗疹

深在性汗疹は皮膚のより深いところである真皮に汗がたまりおこるあせものタイプです。

紅色汗疹を繰り返すことで発症してしまう場合があります。

白っぽい平らな発疹ができるのが特徴です。痛みはほとんどありません。

汗をかいて刺激が加わると、汗が真皮の中であふれ出してしまうので、汗が体外に出てこなくなり、皮膚が乾燥していきます。

治療と予防

まずは汗をかいた後適切に対処することで、あせもの発生を予防することが重要です。

汗をかきやすい季節では通気性の良い服装にし、汗ばんでいればシャワーを浴びたり、濡れタオルで拭いたり、まめに肌着を着替えましょう。

お子さんの寝汗もあせもの原因となるため、エアコンなどで寝室の室温を調整することも必要です。

肌の保湿をしておくことも効果的ですが、汗腺をふさいでしまわないように、さらっとした保湿液剤を使用しましょう。

紅色汗疹で上記のような予防方法でも湿疹化してまった場合には、ステロイド外用薬を使用し、痛みやかゆみを抑えることになります。

あせもの症状がつらいという場合には、お気軽にご相談ください。

事前にこちらから問診票ダウンロードが可能です。院内での待ち時間短縮になりますのでご利用ください。

江東区北砂の砂町あんず皮フ科では各種院内販売品も取りそろえております。お気軽にお声がけください。

コラム
しもやけ/凍瘡
ニキビ/尋常性ざ瘡
乾燥肌
いぼ/尋常性疣贅
水虫/白癬
円形脱毛症
原発性局所多汗症
水ぼうそう/水痘
手足口病
頭じらみ
りんご病/伝染性紅斑
水いぼ/伝染性軟属腫
とびひ/伝染性膿痂疹
巻き爪
おむつかぶれ
接触皮膚炎
じんましん
虫刺され
あせも(汗疹)

このページの先頭へ戻る